恋愛

好きと言わない彼氏の心理や愛情表現が知りたい!遊びなのか不安な人へ

女性は、彼氏から好きと言われないと本当に愛されているのか不安に感じてしまうもの。

ただ、多くの男性はどんなに彼女のことが好きでもあえて言葉にしないことも多いです。

そこで今回は、好きと言わない彼氏の心理や言葉以外の愛情表現について解説していきます。

彼氏に好きと言わせる方法も紹介しているので、彼氏が好きと言ってくれなくてモヤモヤしている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

好きと言わない彼氏の心理 

好きと言ってくれない彼氏に、不安を抱く女性は多いはず。ただ、彼氏が好きと言わない理由が必ず存在します。そこで、まずは好きと言わない彼の心理から紐解いていきましょう!

 

単純に恥ずかしい

男性の中には、「好き」という言葉を言うことに抵抗を感じる人も少なくありません。

日本人男性は外国人男性のように「好き」を伝え合う文化で育っていないので、どんなに好きな相手であったとしても、単純に好きと言葉にして伝えるのが恥ずかしいと思っているのです。

ただ、こういった男性は言葉でうまく表現できないだけで、心の中では「彼女のことが大好きで堪らない!」と感じていることも。彼氏の態度や行動にあなたへの「好き」のサインが隠れていることも多いので、彼氏の態度や行動を少し観察してみるのもいいかもしれません。

言わなくても伝わっていると思うから

男性は、「わざわざ言葉にしなくても伝わっているだろう」と思い込んでいる人は意外に多いです。

女性には理解し難いことかもしれませんが、男性の中には「好きで交際しているんだから好きなのは当たり前!わざわざ彼女に伝えることではない」と考えている人も。

また、交際期間が長いとお互いのことを知り尽くしているので、

特に言葉にしなくても好きの気持ちは伝わっているだろうと感じる人も少なくありません。

このように男性と女性の間には考え方に差があるので、彼氏から「好き」と言ってくれるのをただ待つのは時間のムダかもしれません。

 

わざわざ言葉にするのが面倒くさい

わざわざ言葉にして「好き」と伝えることが面倒くさいと感じている男性も少なくありません。

女性からすると「たった2文字じゃん!」と思ってしまいますが、男性からすると面倒くさいのです。

こういった男性は、女性からの「好き?」と聞く行為自体に嫌気を感じていることも。

あまり聞き過ぎると嫌われる可能性があるので、注意が必要です。ただ、わざわざ言葉にするのが面倒くさいと感じる男性は、好きと言わないだけで彼女のことが嫌いなわけではありません。

逆に言葉にしない分、態度や行動で示してくれていることも。彼氏を責める前に、行動や態度に「好き」が隠れていないかチェックしてみましょう!

 

彼女に重いと思われるのがイヤ

もともと日本人は気軽に「好き」と伝え合う文化ではないので、伝え方次第では重く捉えられてしまうこともあります。

伝えること自体は決して悪いことではないのですが、男性の中には重い男と思われたくなくて、あえて彼女に「好き」と言わない人も少なくありません。

また、過去の恋愛で「好き」を伝え過ぎて元カノから「気持ちが重い」と言われたり、別れの原因になったりするなど、嫌な思い出があるのかもしれません。

こういった男性は「好き」と伝えることに抵抗を感じていないので、彼女から「好きって言ってほしい!」と伝えるだけで悩みが解決されることも。少し見極めるのが難しいですが、過去の恋愛話など聞いてみるのが効果的でしょう。

 

実はそれほど好きじゃない

彼女としては少し悲しい結果になりますが、「実はそれほど好きじゃなかった」というパターンも考えられます。

彼氏は、あなたのことが好きじゃないから好きと言わない、ということです。

男性の多くは女性を傷付けたくないと考えているので、自分から別れを切り出せない人もいます。

そんな場合、あえて自分から「好き」を言わないことで、あなたに冷めていることを察知してほしいと思っているのです。彼氏の普段の行動や態度を見てもやはり愛情を感じられない場合は、別れも念頭に入れて関係を継続させるか検討したほうがいいかもしれません。

 

愛情は態度や行動に現れる!彼氏の愛情表現

好きと言わない男性は意外と多いですが、そんな男性でも愛する彼女には態度や行動で愛情表現をしていることも少なくありません。

言葉での愛情表現だけを重視せすに、彼氏の行動や態度に注目してみましょう。どこかに好きのサインが隠れているかもしれません!

 

悩み事を相談される

意外かもしれませんが、彼氏から悩み事を打ち明けられるのも一種の愛情表現です。

多くの男性は、仕事やプライベートの悩みを人に相談することはありません。男性はプライドが高いので、どんなに仲の良い友達や家族でも自分の弱みを見せるのが嫌なのです。

それにもかかわらず、あなたに悩み事を打ち明けるということは、それだけ信頼している証拠。

彼氏にとって、あなたは弱みを見せられる数少ない存在であることは間違いありません。

そして彼氏から悩み事を相談されたら、話を遮らずにとにかく話を聞いてあげましょう。それだけで関係はもっと深まるはずです!

 

選択権はいつも彼女

デート場所やレストランなど、いつも彼氏があなたの好みに合わせてくれていませんか?それは、彼氏からの好きのサイン

あなたの喜ぶ顔が見たくて、いつも彼女の意見を優先してくれているのです。

毎回自分の意見を優先してくれると、それが当たり前になってしまいがちですが、彼氏からの愛情表現であることは間違いありません。

ただ、男性の中には、自分がデート場所やレストランを決めるのが面倒くさくて彼女に選択権を与えているケースもあります。

それは彼女への思いやりというより、むしろ自分が楽をしたいだけ。

そこには大きな違いがあるので、投げやりになっていないかなど彼の行動を観察してみましょう。

 

過去に話したことを覚えている

男性は、好きな相手の話に興味や関心があるので話の内容を完全に忘れることはありません。

そのため、数年前に少し話したことも覚えてくれているようなら、それはあなたが好きな証拠です。

直接「好き」と言われないにしても、あなたへの愛は本物なので自信を持ちましょう。

ただ、男性の中には好きな相手の話であっても、仕事が多忙だったり何か気がかりなことがあると話も上の空で、内容を忘れてしまう人もいます。

過去に話したことを覚えていないからといって愛情がないというわけではないので、他の項目と合わせてチェックしてみるのがおすすめです。

 

必ず返信をくれる

女性とは異なり、男性はメールでのコミュニケーションを重要視していません。

むしろメールを連絡手段と考えているので、興味や関心のない女性からのメールは無視してしまうことも。

ただ、愛する彼女からのメールは別です。すぐに返信できなかったとしても必ず連絡をくれます。

最近忙しいと言っていたけれどちゃんと返信してくれる、そんな彼氏はあなたのことを大事に想っている証拠です。

返信が遅いからといって、彼氏を責めたり怒ったりするのはやめましょう。

そしてメールの返信速度ではなく、遅くても必ず返信をくれるかに注目することが大切です。

 

どんな話でも最後まで聞いてくれる

男性は、女性の話がツマらないと感じている人も少なくありません。

そのため、話の途中に「結局何が言いたいの?」と遮ったり別の話をし始めたりする男性もいます。

それにもかかわらず、彼女の話を最後まで聞こうとする態度は、あなたに共感したいという気持ちの表れです。

話の内容が仕事の悩みなら、あなたを助けたいという気持ちも含まれているでしょう。

男性は正直な生き物なので、好きでもない相手の話に興味はありません。

どんなときでも、最後まで彼氏が話を聞いてくれるのはあなたのことが好きだから。

彼氏の自分に対する気持ちに自信を持ちましょう!

 

彼氏に好きと言わせる方法

彼氏が、どんなに行動や態度で愛情表現されても女性はやっぱり言葉で伝えてほしいものです。

そこで、好きと言ってくれない彼氏に「好き」と言わせる方法を紹介します。自分が出来そうなことから始めてみましょう!

 

素直に自分の気持ちを伝える

好きと言ってほしい気持ちを彼氏に伝えてみるのも一つの方法です。男性は鈍感なので、好きと言ってほしいと思っていることに気付いていないケースも目立ちます。

また、本当は好きと言いたいのに重いと思われたくなくて言えない彼氏の場合は、あなたが本音を伝えることで誤解も解けてすぐに言ってくれるはず。

私の気持ちに気付いてほしい、と念じるだけでは相手に伝わりません。

 

また男女のすれ違いは、コミュニケーション不足で始まることも多いので、良好な関係を維持するためにも自分の素直な気持ちを彼氏に伝えることは大切なことです。

伝えるポイントとしては、あまり重々しい空気で伝えると相手がプレッシャーに感じてしまうので、普段の会話の流れで軽く伝えちゃいましょう!

自分から好きと伝えるのが恥ずかしくて、彼氏にばかり「好き」を求めていませんか?彼氏彼女であっても、やはり好きと素直に伝えるのはとても勇気のいることです。そのため、自分は言えないけど彼氏には男らしく言ってほしいと考えている女性も多いかもしれませんね。

ただ、それでは「なぜ、自分ばかり好きと言わないといけないの?」と男性の中で疑問が湧いてしまいます。そこでギブアンドテイクの精神で、「自分から積極的に好きと言う」「言われたら自分からも必ず好きと言う」など、彼氏にばかり言わせない工夫をしましょう。それだけで彼氏の気持ちも満たされるので、もっと言いやすい環境を作れるはずです。

 

思い切って自分から言ってみる

彼氏に好きと言ってもらうのを待つのではなく、思い切って自分から言ってみるのも効果的です。

人は相手に何かをしてもらったとき、自分も何かお返しをしないと、という返報性の原理が働きます。その返報性の原理を利用して、最初に自分が好きと言うことで彼氏の「好き」を引き出すのです。

 

また、男性の中には自分から言えずにいる人も多いので、あなたから伝えることで言いやすい雰囲気を作れます。

彼氏が好きと言えるきっかけ作りにもなるので、勇気を出して伝えてみましょう。

すぐに「好き」と言わないにしても、何度が自分から好きと伝えることで反動で「好き」と言ってくれるかもしれません。

 

いつもより多めにスキンシップを取る

彼氏に好きと言わせるには、まずは言いやすい雰囲気作りを演出するのも大切です。

そこで、彼氏にいつもより多めにスキンシップを取って甘い空気を作ってみましょう。

男性は普段の生活で好きと伝えるより断然言いやすくなりますし、何より彼女からの愛情も感じられるので気持ちが高まってポロッと「好き」という言葉が出てしまうことも。

 

スキンシップと取るポイントは、二人っきりの空間で行うことです。

周りに人がいる場面では、やはり男性は意識して「好き」と言うことに抵抗を感じてしまいます。

家でテレビを見てるときなどまったりリラックスしている瞬間が狙い目です!

 

少し引いて距離を取る

自分から好きと伝えることはとても大切です。ただ、彼女から言われ過ぎると言われること自体に慣れてしまって、自分から伝える気持ちが失せてしまう人もいるようです。

そのため、好きと言っても彼氏が相槌だけで流すようになったら、押すのをやめて少し引いてみることをおすすめします。

 

あなたが引くことで、「最近言わなくなったな」と彼氏の関心を引くことが可能です。また、「自分のことを嫌いになったのかな?」と不安も煽れるので、恋愛を盛り上げるスパイスになってくれるはず。そして十分に引いたら、押してみる!自分のことがまだ好きなんだ、という安心感から彼氏が好きと言ってくれるかもしれません。

注意ポイント

■しつこく彼の「好き」を求め過ぎないこと

根本的なことですが、やはり彼氏に「好き」を求め過ぎてはいけません。特に、彼氏が好きということ自体に照れがある場合は、言われれば言われるほどプレッシャーに感じて彼女と会うことすら嫌になってしまう可能性があります。

男性の中には、好きと言えば彼女の気が収まることが分かっていても素直に口に出せない人もいます。彼女の立場からするとあまり理解できない心理かもしれませんが、そんな男性の気持ちを理解して寄り添ってあげることが大切です。もし彼氏の行動や態度で愛情表現が隠れていたのであれば、彼氏を信じて一度引いてあげるのがいいかもしれませんね。

 

まとめ

たとえ大好きな彼女であっても、直接好きと伝えるのは意外と勇気のいることです特に、日本人男性は「好き」と伝えることに慣れていないので、恥ずかしくて言えない男性も少なくありません。

ただ、言葉で愛情を表現しない男性は、態度や行動で愛情を表現してくれていることも多いです。

そのため、男性の愛情を確かめたいのであれば、態度や行動に注目してみましょう。男性は素直な生き物なので、少し観察するだけであなたへの好きのサインを見破れるはずです!

-恋愛

Copyright© 総合恋愛メディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.